戦国&三国志大戦とMagic: The Gathering中心の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PTQ横浜 名古屋二次

●やっぱり手札破壊

PTQ横浜名古屋二次に行ってきました。
デッキはこれ↓

「8Rack」

4 《貪欲なるネズミ/Ravenous Rats》
4 《闇の腹心/Dark Confidant》
4 《鼠の短牙/Nezumi Shortfang》
4 《惑乱の死霊/Hypnotic Specter》
4 《陰謀団の先手ブレイズ/Braids, Cabal Minion》
4 《ガルザの暗殺者/Garza's Assassin》

4 《ジェラードの評決/Gerrard's Verdict》
4 《名誉回復/Vindicate》
4 《拷問台/The Rack》
1 《定員過剰の墓地/Oversold Cemetery》

12 《沼/Swamp》
1 《平地/Plains》
1 《神無き祭殿/Godless Shrine》
4 《コイロスの洞窟/Caves of Koilos》
4 《汚れた原野/Tainted Field》
1 《砂漠/Desert》

サイドボード:
3 《ヨツンの兵卒/Jotun Grunt》
4 《仕組まれた疫病/Engineered Plague》
4 《解呪/Disenchant》
4 《燻し/Smother》

前回と同じ《拷問台/The Rack》8枚体制デッキです。
《よろめく大群/Shambling Swarm》を《ガルザの暗殺者/Garza's Assassin》に
変更してみました。

●れぽ

1回戦 《歯と爪/Tooth and Nail》トロン ××

2デュエルとも《鏡割りのキキジキ/Kiki-Jiki, Mirror Breaker》と
《空の軽騎兵/Sky Hussar》 を持ってこられて終了。
2デュエル目はブレイズをもう1ターン早く召喚するべきでした。

2回戦 《けちな贈り物/Gifts Ungiven》入りRock ××

《破滅的な行為/Pernicious Deed》や《起源/Genesis》のせいで
やっぱりロックには相性悪いですね。

余談:対戦相手の指摘で気が付きましたが、昔の《拷問台/The Rack》って
アップキープの最後に誘発してたんですね。
もちろん現在のオラクルではアップキープの開始時です。
アップキープの最後に誘発していた機能的な意味は何なんでしょう?

3回戦 土地破壊 ○○

《宝石の洞窟/Gemstone Caverns》・《金属モックス/Chrome Mox》・《スカークの探鉱者/Skirk Prospector》でマナ加速をし、
《石の雨/Stone Rain》・《略奪/Pillage》・《溶鉄の雨/Molten Rain》・
《なだれ乗り/Avalanche Riders》で土地を破壊し、
《三なる宝球/Trinisphere》・《一望の鏡/Panoptic Mirror》で締め上げるデッキ。

ゲーム開始1ターン目に宝石の洞窟+モックス+山から石の雨が飛んできたのは驚きました。
土地破壊呪文が尽きたところから盛り返せましたが、
一望の鏡によるロックが決まれば危なかったです。

4回戦 (おそらく)ドメイン ○○

1戦目は相手がダブルマリガンした後に《ジェラードの評決/Gerrard's Verdict》。
2戦目は相手の土地が2枚で止まったところにブレイズ。
このデッキは手札破壊+ブレイズなんていうデッキなんで、
相手が事故るとひどいことになります。

5回戦 ボロス ××

《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》のせいで、こちらのクリーチャーが出せません。
こういう時に限ってガルザの暗殺者は引けないんですよね。

6回戦 デザイア ××

1戦目はストーム10の《苦悶の触手/Tendrils of Agony》、
2戦目は《巣穴からの総出/Empty the Warrens》から24体のトークンが出ました。

2戦目は土地が沼しかないものの、評決×3という手札で開始。
見事に白マナを引けませんでした。
この辺は《神無き祭殿/Godless Shrine》を1枚しか持ってなく、
メインに1枚しか入ってないのが原因といえます。

あ~せめて黒がらみだけでも4枚づつ揃えたいなあ。

●会場で見かけた面白かったデッキ

◇《ぬいぐるみ人形/Stuffy Doll》+《罪の意識/Guilty Conscience》

最初に会場で見た時は《欠片の壁/Wall of Shards》と《未来予知/Future Sight》
をコントロールしている状態だったのでてっきりライブラリー破壊デッキ
かと思ったんですが、
その後突然人形を召喚して罪の意識をエンチャントし、
人形に稲妻のらせんをプレイして瞬殺していました。
ベスト8にも同コンボを内蔵したデッキがいました。

◇ずべら

《よだれ舌のずべら/Dripping-Tongue Zubera》+《永遠の証人/Eternal Witness》+
《ファイレクシアの供犠台/Phyrexian Altar》+《第二の日の出/Second Sunrise》
のコンボで大量マナor大量トークンを生み出すデッキ。
以前自分も当たった事があります。


あと環境的に珍しいデッキとしては黒単コントロールとがいました。
《堕落/Corrupt》や《精神ヘドロ/Mind Sludge》とかが久々にプレイされてるとこを見れました。

ほんと今のエクテンは何でもありですね。
スポンサーサイト

テーマ:Magic:The Gathering - ジャンル:ゲーム

PTQ横浜 名古屋一次

●手札破壊万歳

PTQ横浜名古屋1次に行ってきました。
デッキはコレ↓

「8Rack」

4 《貪欲なるネズミ/Ravenous Rats》
4 《闇の腹心/Dark Confidant》
4 《鼠の短牙/Nezumi Shortfang》
4 《惑乱の死霊/Hypnotic Specter》
4 《陰謀団の先手ブレイズ/Braids, Cabal Minion》
4 《よろめく大群/Shambling Swarm》

4 《ジェラードの評決/Gerrard's Verdict》
4 《名誉回復/Vindicate》
4 《拷問台/The Rack》
1 《光と影の剣/Sword of Light and Shadow》

12 《沼/Swamp》
1 《平地/Plains》
1 《神無き祭殿/Godless Shrine》
4 《コイロスの洞窟/Caves of Koilos》
4 《汚れた原野/Tainted Field》
1 《砂漠/Desert》

サイドボード:
3 《ヨツンの兵卒/Jotun Grunt》
3 《オルゾフの司教/Orzhov Pontiff》
2 《暗黒破/Darkblast》
2 《仕組まれた疫病/Engineered Plague》
1 《姥の仮面/Uba Mask》
4 《解呪/Disenchant》

《拷問台/The Rack》と《憎まれ者の傷弄り/Stabwhisker the Odious》の
8枚ラックデッキ。
《溶岩生まれの詩神/Lavaborn Muse》まで入れるかどうかを
最後まで悩んでいたのは秘密だ。
相変わらず無調整です。

●れぽ

1回戦 緑黒白ロック ○○

ロックに《ロクソドンの教主/Loxodon Hierarch》とか入れてるタイプ。
拷問台を複数張ったりして勝てましたが、
相手の《破滅的な行為/Pernicious Deed》の引きがよければ負けてたと思います。

2回戦 フリゴリッド ○×○

相手のダブル・トリプルマリガンにも助けられて勝ちました。
マリガン後の手札破壊は強いですね。

しかしフリゴリッドの気持ち悪い動きに驚愕しました。
1ターン目に《朽ちゆくインプ/Putrid Imp》。
次のターンのアップキープに発掘カードを捨ててドローを発掘で置換。
墓地に落ちた《綿密な分析/Deep Analysis》をフラッシュバック。
1枚目・2枚目のドローを発掘で墓地に落ちた発掘カードで置換。
これらの発掘カードが《ゴルガリの墓トロール/Golgari Grave-Troll》とかの場合、
2ターン目にして墓地に20枚近く溜まります。
そのまま《イチョリッド/Ichorid》が連続で殴ってきますし、
対戦相手のデッキの場合《憤怒/Anger》・《縫合グール/Sutured Ghoul》
・《戦慄の復活/Dread Return》なんてギミックも入ってました。

3回戦 白黒オルゾフ ××

向こうも白黒のハンデスデッキでした。
違いは《金切り声の混種/Shrieking Grotesque》や
《オルゾヴァの幽霊議員/Ghost Council of Orzhova》が入っていることと、
おそらく拷問台が入ってないこと。

《陰謀団式療法/CabalTherapy》の有無で行動が1ターン早い相手に主導権を握られ負け。
対戦相手は外人さんで日本語も大体通じる方だったのですが、
陰謀団式療法をプレイされた時にカード名の《よろめく大群/Shambling Swarm》を
正しい発音でされて一瞬分からなかった俺ナサケナス。
ヒアリングはホント苦手だ。

4回戦 ボロス ××

初手の土地5枚でマリガンすると土地が1枚で止まる罠。
土地1枚だが拷問台×2・腹心があったので始めると1枚で止まる罠。
やっと2マナそろってプレイした腹心も即行で焼かれました。

5回戦 5色ZOO ○○

基本は赤白緑のZOOに黒から《闇の腹心/Dark Confidant》が入っていて、
さらに《部族の炎/Tribal Flames》と《ガイアの力/Gaea's Might》が
入っているために島がらみのデュアランも採用されているデッキ。

部族の炎・ガイアの力は結構痛かったです。
ブロックの判断を間違えていれば死んでました。

6回戦 タッチ黒ボロス? ○○

通常のボロスに闇の腹心が入っているタイプに見えましたが、
《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》が入っていたために
緑マナの使用先があった模様。
《古えの遺恨/Ancient Grudge》とかの為だとは思うが、
5回戦目のデッキのような可能性もアリ。

●感想

というわけで最終的に4-2。
運にも助けられましたが、無調整の割にはいい成績でした。

会場を見てて思ったのは、ほんとに多色化がし易くなったなってこと。
フェッチランドとデュアルランドの組み合わせはすごいですね。
5戦目のデッキとかTop8に残ったドメインとかはその最たるものですね。
さらにタッチカラーの容易さからか、闇の腹心の傭兵率とかもすごかった気がします。

自分のデッキの反省点としてはとりあえずサイドがダメダメでした。
《オルゾフの司教/Orzhov Pontiff》とかがホント役に立たない。
素直に《燻し/Smother》とか《蔓延/Infest》でよかった。
《姥の仮面/Uba Mask》はコントロールやコンボデッキに当たらなかったので不明。
ずっと手札0状態になって面白そうなんだけどなあ。
メインは《光と影の剣/Sword of Light and Shadow》が活躍しなかった。
1枚差しとはいえ引いてもあんまり役に立たなかったので他のカードでもいいかも。
あと腹心のことを考えると4マナが8枚も入っているので、
運しだいではライフがひどいことになるのに気づきました。
よろめく大群を燻しか《チェイナーの布告/Chainer's Edict》に代えるのがいいのかも。

ただ、手札破壊をして拷問台でダメージを与えるというこのデッキは、
使っていてとっても楽しかったです。
来月の2次予選はもっと頑張りたいと思います。

テーマ:Magic:The Gathering - ジャンル:ゲーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。